新着

2023-09-23 13:35:00

復縁カップルの結婚率はどのくらい?

Q.復縁したあとどうなった?

元恋人との復縁を考えている人にとって、復縁したカップルがその後どうなるのかは非常に気になるところです。

復縁経験のある成人男女200人を対象にアンケート調査したところ、復縁したあと結婚にまで至ったというカップルは全体の14%に当たる28人でした。

14%という数字をどう思うかは意見が分かれるところですが、復縁以外のカップルでも同じくらいの結婚率であることから、それほど少なくはない割合といえるのではないでしょうか。

「かつて別れたことがあるから、上手くいきにくいかも…」というのは杞憂であり、復縁したあと結婚にもちこめるかは、その後の付き合い方次第なのです。

 

別れたあと復縁しやすいカップルの特徴

続いては、別れたあとに復縁しやすいカップルの特徴を紹介します。

 

勢いだけで別れてしまった

もし、一時の勢いだけで別れてしまったのなら、その後復縁できる可能性が高いです。

お互いの価値観の違いなど、じっくり話し合った上で別れた場合はそう結論が覆ることはないでしょう。

しかし、単なる喧嘩やイラつきだけで別れることを決めてしまったなら、お互いまだ好きな感情が残っていることが多く、どちらかが折れれば復縁しやすいです。

感情のコントロールさえできれば、復縁後にゴールインできるパターンも十分ありえます。

 

別れたあとに距離を置いていた

別れたあと、お互い冷静になるまで距離を置いていたカップルも復縁しやすいです。

自分の悪い部分を認めることで、反省して二度と同じ過ちを繰り返さなくなるからです

また、距離を置いていた期間に「やっぱり好きだ」と気持ちを再確認することも多く、復縁することで以前よりももっと仲良くなれるでしょう。

 

共通の友達・知人がいる

共通の友人・知人がいるカップルは復縁しやすいです。

共通の知り合いがいれば再会する機会も多く、友人を通して相手の近況を知ることもあるでしょう。

そうしたことで想いが再燃し、再び交際に至るパターンは珍しくありません。

また、友達・知人にお互いの情報が知られがちなので、復縁後は滅多なことで別れづらくなります。

 

遠距離恋愛が原因だった

遠距離で仕方なく別れたカップルも復縁しやすいです。

遠距離恋愛だったことが原因であれば、まだお互い好きな気持ちは十分あるはず

もし遠距離が解消されるなど、状況が変われば復縁できる可能性はかなり高いです。

 

長い期間付き合っていた

長い間付き合っていたカップルは、なんだかんだで復縁する可能性が高いです。

付き合いの長いカップルは気持ちが残りやすく、一度離れてしまっても「やっぱり彼・彼女しかいない」と思い直すパターンが多いからです。

また、お互いの性格や価値観を熟知しているため、復縁後はそのまま結婚に至りやすいのも特徴です。

 

長い期間付き合っていた

長い間付き合っていたカップルは、なんだかんだで復縁する可能性が高いです。

付き合いの長いカップルは気持ちが残りやすく、一度離れてしまっても「やっぱり彼・彼女しかいない」と思い直すパターンが多いからです。

また、お互いの性格や価値観を熟知しているため、復縁後はそのまま結婚に至りやすいのも特徴です。

 

復縁するためにしたこととは?

Q.復縁するためにしたことはなんですか?

復縁成功者の成人男女200人にアンケート調査したところ、「復縁するためにしたことは?」という問いに対しもっとも多かった答えは「素直に気持ちを伝えた」でした。

当然ですが、やはり今どう思ってるのかを相手に伝えなければ関係性を変えることはできません。

元恋人と復縁したいのなら、まずは自分の気持ちを伝えることが一番大事でしょう。

また、別れたばかりでまだ冷静になれていない場合は、回答にあるように「冷却期間を設ける」ことも大事です。

自分や相手の気持ちを大切にしつつ、ベストなタイミングで復縁を申し出ることが成功への近道となるでしょう。

 

別れたカップルが復縁するきっかけ

そもそも、復縁したカップルはどんなきっかけで元サヤにもどることができたのでしょうか。

以下、カップルが復縁する代表的なきっかけや方法を紹介していきます。

 

どちらかが連絡をした

彼氏か彼女、どちらかが連絡したことで復縁するカップルは多いです。

職場や学校が同じでない限り、別れた恋人と再びコンタクトをとる機会はそうそうないものです

誕生日のおめでとうメッセージや何気ない近況報告など、ダイレクトに連絡をとることは復縁のきっかけになりやすいでしょう。

 

友人が仲を取り持ってくれた

共通の友人がいる場合、その友人が仲を取り持ってくれたことで復縁に至るケースもあります。

みんなを集めた飲み会や旅行など、仲間内での集まりで元恋人に再会し関係が復活するパターンは珍しくありません。

とくに、友人間でも「まだお互いに好きなんじゃない?」と思われているようなカップルであれば、上手くいく可能性が高いでしょう。

 

結婚式や街中で再会した

結婚式や街中での再会など、偶然が復縁のきっかけになることもあります。

いくら別れた相手であっても、偶然に再会すればなんとなく嬉しいものです

とくに、再び会うことで良い印象を持てるような相手は、まだ好きな可能性が高いでしょう。

よほど悪い別れ方でなければ、偶然の再会が復縁のきっかけになることは大いにあるのです。

 

SNSの投稿を見つけた

今やほとんどの人が持っているSNSアカウント、その投稿が復縁のきっかけになることがあります。

別れてもSNSがつながっていれば、新たな投稿を目にする場合もあるでしょう

そうした投稿に返信することで、再び交流が復活することもあるのです。

 

結婚について考えるようになった

結婚についての意識の変化が復縁のきっかけになることもあります。

お付き合いしているときは、まだ結婚なんて早いと思っていたかもしれません。

しかし、結婚適齢期となり結婚について本格的に考えるようになると、元彼・元カノのことが浮かんでくる、なんてことも…。

そこから相手に連絡をとり、復縁につながるパターンも少なくないのです。

 

復縁結婚がうまくいくカップルの特徴

最後に、復縁結婚がうまくいくカップルの特徴を紹介していきます。

復縁後の結婚願望がある人はぜひ参考にしてくださいね。

別れた理由をクリアできている

せっかく復縁できても、別れた理由が改善できていなければまた別れてしまう可能性があります。

もし復縁結婚を目指すなら、きちんと別れた原因を理解し解消を目指すことが必要です。

別れた理由をクリアした上での復縁なら、そのまま結婚してもうまくやっていけるでしょう。

 

相手の短所を受け入れられている

復縁結婚がうまくいくには、相手の短所を受け入れられるかどうかがポイントです。

一度別れたカップルの場合、相手に気になってしまう部分や短所があったのではないでしょうか。

しかし、そうした短所が受け入れられなければ関係を長続きさせるのは難しいです

もし復縁後の結婚を考えているなら、相手の短所とうまく付き合っていく覚悟が必要でしょう。

 

精神的に自立できている

精神的に自立しているかどうかは、復縁結婚が上手くいくためのキーポイントの1つです。

依存し合っているカップルは、精神的に未熟でありちょっとしたことで喧嘩を繰り返す可能性が高いです。

一方、精神的に自立したカップルであれば、相手を思いやり上手な距離感で接することができるでしょう。

お互い精神的に大人になることが、復縁結婚への近道なのです。

 

お互いに思いやり・好意が確認できる

復縁結婚に限らず、結婚生活を上手くやっていくにはお互いの思いやりと好意が欠かせません。

当たり前ですが、好きな気持ちがなければ結婚どころか復縁も難しいでしょう

今でもお互い好き同士であることが明確に分かり合え、かつ思いやりを持って接することができるカップルであれば結婚生活も楽しく過ごせるでしょう。

 

過去より未来に目を向けられている

あのときああだった」「昔のあのことが許せない」など、過去を掘り返すような考え方だと復縁しても上手くいきません

そうではなく、将来こうしたい、一緒にこうありたいという前向きな未来予想図を描けるようなカップルなら、きっと復縁結婚を可能にできるはずです。

 

復縁できたら焦って結婚を迫らず信頼関係を築こう!

結婚を意識するようになると、前彼・前カノが結婚相手として頭に浮かんでくるという人もいるでしょう。

もし復縁結婚を目指すなら、誠実に相手と向き合うことが大事です。

どうして別れてしまったのか、その理由を改善・クリアにした上で「復縁したい」という気持ちを素直に伝える必要があるでしょう。

復縁が上手くいったら、過去の過ちを繰り返さず相手への思いやりを忘れないことが大事です。

いくら結婚前提でも焦って求婚せず、信頼関係を築き直すことをまずは目指してくださいね。

写真素材のピクスタ

 

 

 

2023-08-14 16:45:00

結婚しない人はどのくらいいる?

内閣府から発表された「令和4年版 少子化社会対策白書」によると、日本での1970年〜2020年(5年ごと)の50歳時の未婚率(生涯未婚率)は以下の通りです。

男性 女性
1970年 1.7% 3.3%
1975年 2.1% 4.3%
1980年 2.6% 4.5%
1985年 3.9% 4.3%
1990年 5.6% 4.3%
1995年 9.0% 5.1%
2000年 12.6% 5.8%
2005年 16.0% 7.3%
2010年 20.1% 10.6%
2015年 24.8% 14.9%
2020年 28.3% 17.8%

出典:内閣府「令和4年版 少子化社会対策白書/婚姻・出産の状況」

1970年の50歳時の未婚率は男女ともに割合が少ないですが、その後男性の割合は年々上昇しています。

女性は1990年までは大きな変動はありませんが、以降から上昇を続けています。

2020年は男性28.3%・女性17.8%となり、男女ともに結婚しない人が増えていることがわかりますね。

 

男女別|結婚したくない理由は?

ここでは、独身男性・女性別の結婚したくない理由を紹介します。

 

男女共通|自分の時間が減る

結婚するとほとんどの時間を家族と過ごすようになり、一人の時間が減ってしまうというのは想像に容易いでしょう。

しかし気楽な独身生活を謳歌している男性・女性の場合、家族との生活がストレスになりそうだと感じる人も多くいます。

また、家庭よりも仕事や趣味を優先したいという理由から、結婚したくないと考える男女もいます。

男性|経済力に不安がある

男性が結婚したくない理由には、収入が少なくて経済力に不安があることがあります。

結婚したくても自分一人で生活するのが精一杯で、家族を養う余裕がないという状況なのかもしれません。

また、派遣社員やアルバイトなど非正規社員として働く男性が増えており、収入や雇用の安定が得られていないことから結婚を避けるケースもあります。

 

男性|家族を守る自信がない

結婚して夫婦になると相手に対する責任が重くなり、子供ができたときは養い育てていく責任も伴います。

男性は一家の大黒柱として家族を支えるものという風潮もあり、家庭を持つことにプレッシャーを感じている男性は少なくありません。

そのため、「家族を守る自信がない」という理由で結婚に対するモチベーションが低い男性もいます。

 

女性|結婚に対して良い印象がない

女性は家事や子育ての負担が大きく、協力してくれない夫に悩む人が多くいます。

また、自分よりも家族の予定が優先されて、行動が制限されることも少なくありません。

「仕事と家庭の両立で毎日忙しすぎる」「結婚してから気軽に友達に会えなくなった」など、結婚生活の悩みを聞くうちに良い印象がなくなってしまう女性もいます。

 

女性|人間関係が気がかり

女性にとって結婚後の義両親や親戚との人間関係が気がかりになることもあります。

「嫌味を言われる」「子育てのことに首を突っ込んでくる」など嫁姑問題を経験している女性は多く、親戚付き合いが妻のストレスになることもあります。

将来的に義両親との同居が必要となったときのことを考えて、結婚したくないと思ってしまう人もいるでしょう。

 

結婚しないことのメリット

ここでは、結婚しないことのメリットを3つ紹介します。

 

お金や時間を自由に使える

結婚するとお小遣い制になって使えるお金が減ったり、自分の時間がなくなったりすることがあります。

独身者は自分自身でお金の使い方を決めることができ、自由に行動できるのが大きなメリットです

家族に気を遣わずに自分の好きなようにできるので、趣味や旅行も楽しみやすいでしょう。

 

家事の負担が少ない

結婚して一緒に生活する人が増えれば家事の負担が多くなり、結婚相手と家事の分担ができていない状態だと自分の時間が減ってしまいます。

「仕事や趣味に時間を使いたい」「家事をするのが苦手」という人は、なるべく家事をする時間を少なくしたいと思うもの。

そのため、結婚後の家事の負担を考えると、独身の方がメリットが大きいといえるでしょう。

 

引っ越しや転職も自分の意志で決められる

結婚していると家族のことを考えて環境を変えられないケースもありますが、独身であれば引越しや転職も自分の意思で決められます。

また、家族がいるとライフプランを立てるときに意見が食い違って、自分の希望通りにいかないこともないとはいえません。

独身者は自由に計画を立てられるので、「会社を辞めて起業したい」「海外に移住したい」など思い切った行動も取りやすいです。

結婚しないことのデメリット

ここでは、結婚しないことのデメリットを3つ紹介します。

 

法的控除が適用されない

結婚しないと配偶者控除や医療費控除といった法的控除が適用されず、税金面でのメリットが得られません。

また、自治体から新婚世帯向けの家賃補助を受け取れたり、会社から家族手当を支給してもらえたりすることもあります。

このようなお金の制度を利用できないのは、結婚しないことのデメリットのひとつです。

 

もしものときに頼れる人がいない

独身だと病気や怪我をしたときなど、もしものときに頼れる人がいないというデメリットもあります。

結婚していれば家族で助け合うことができますが、一人で暮らしていると自分だけで乗り越えなければいけません

年齢を重ねて不調が起きやすくなったときや老後を迎えたときに、「結婚しておけば良かった」と後悔する可能性があります。

 

経済的に厳しくなる場合がある

共働き夫婦であれば、片方が働けなくなったときに収入がなくなることはありません。

しかし、独身者が失業したときは経済的に厳しくなり、生活が困窮する場合があります。

また、結婚して共働きなら家賃や生活費の負担を抑えられ、収入が増えることで老後資金も貯めやすくなります。

経済的に支え合える人がいないのは、結婚しないことのデメリットといえるでしょう。

 

結婚しない人の特徴は?

独身男女には、自ら独身を選ぶ人もいれば、結婚したくてもできない人もいます。

それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

 

自ら独身を選ぶ人の特徴

自ら独身を選ぶ人の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 仕事やプライベートが充実している
  • お金や時間は自分のために使いたいと思っている
  • 経済的に余裕があるので老後の心配はいらない
  • 子供はいらないと考えている
  • 頼れる友人やパートナーがいる

自ら独身を選ぶ人は精神的・経済的に余裕があり、独身生活に満足している傾向があります。

交友関係が広かったり一緒に生活しているパートナーがいたりすると、わざわざ結婚しなくてもいいと考える人も多いようですね。

結婚したくてもできない人の特徴

結婚したくてもできない人の特徴は、以下のようなものがあります。

  • 結婚相手への理想が高い
  • 異性とコミュニケーションを図るのが苦手
  • 恋愛よりも友人との時間を優先している
  • 仕事が忙しすぎる
  • 結婚に対して受け身になりすぎている

結婚したくてもできない人は、仕事や友人との時間が多くて出会いが少なかったり、異性とのコミュニケーションや恋愛のアプローチがうまくできなかったりする傾向があります。

また結婚相手に求める条件が多すぎたり厳しすぎたりしても、理想の人に出会える可能性は低くなってしまうでしょう。

結婚したくてもできないときは、マッチングアプリや結婚相談所、婚活パーティーといった婚活サービスを使うと出会いを見つけやすくなります。

「本気で結婚したい」という人は、積極的に活用してみるのもおすすめですよ。

 

結婚は人生の大事な選択のひとつ。結婚しないのもするのも全ては自分次第!

独身者は自由度が高く、自分らしい生活ができるメリットがあります。

しかし、きちんと考えずに結婚しない道を選ぶと、独身ならではの苦労や心細さを感じて後悔する可能性もあります。

結婚は人生の大事な選択のひとつなので、メリット・デメリットをよく考えて将来を見据えることが大切といえるでしょう。

今回紹介した情報を参考にして、充実した人生を過ごせるベストな選択をしてくださいね!

 

まとめ
  • 結婚しない人の割合は年々増加傾向にあり、2020年では男性28.3%・女性17.8%という調査結果が出ている
  • 結婚したくない理由には、【男女共通】自分の時間が減る・【男性】経済力に不安がある・【女性】人間関係が気がかりなど
  • 結婚しないことのメリットは、お金や時間を自由に使える・家事の負担が少ないなど
  • 結婚しないことのデメリットは、法的控除が適用されない・頼れる人がいないなど
  • 結婚しない人には、今の生活に満足している・変えたくないといった理由で自ら独身を選ぶ人と、出会いが少ない・コミュニケーションが苦手といった理由で結婚したくてもできない人がいる

2023-07-26 09:41:00

夏が終わるまでに彼氏を作りたい人におすすめする出会いの場所6選

季節はもう夏ですね!このコラムを読んでくれているあなたは、きっと「夏までに彼氏を作って、夏を楽しみたい!」なんて考えているのではないでしょうか。
それなら、夏までに、いや、せめて夏が終わるまでに彼氏を作りましょう!

去年の夏は彼氏がいた人もいなかった人も、今年の夏は積極的に出会いに行きましょう。
特に、イベントには積極的に参加するようにしてみてください。知人に誘われたら、知らない人がいる集まりだとしても行ってみるのもアリ。新たな出会いがあるかもしれません。

BBQ

BBQ

外で食べるお肉とビール…夏には欠かせないイベントですよね。開放的になれるBBQは、人との距離が縮まり、その日出会った知らない人とも仲良くなりやすいです。

ビアガーデン

ビアガーデン

「屋外でお酒を飲むだけじゃん」と思っていたら大間違い!イベント感のあるビアガーデンは、女子だけで飲んでいると男性グループに声をかけられたり…なんてこともあるようです。女子会をするなら、普通の居酒屋ではなくビアガーデンにしてみてはいかがでしょうか。

夏祭り

夏祭り

「夏祭りでナンパされて付き合い始めた」という人もいるようです。浴衣を着たり、おしゃれをして参加してみてはいかがでしょうか。

海

夏といえば海でしょう。こちらも、ナンパされやすい夏のスポットですよね。

夏フェス

フェス

音楽フェスで出会う人は、趣味が同じ場合が多いです。たまたま隣にいた人と音楽の話で盛り上がる…なんてこともあるかもしれません。共通の趣味がある彼となら、その恋愛は長く続きそうですよね。

海外旅行

旅行

海外旅行先で知り合って結婚した人は意外と多くいるようです。日本ではなく海外で出会うなんて運命的ですよね。

最後に

出会いに行くのも行かないのも、あなた次第。ですが、恋愛が始まりやすいこの時期に何もしないのはもったいないです。時には友人の力も借りながら、出会いの場に出掛けてみましょう。
このコラムを読んでくれたあなたが、今年の夏の終わりには素敵な彼が隣にいることを願っております。

2023-06-20 13:16:00

学生の頃と比較して時間や行動が制限されることも多々あり、出会いを探すところから苦労する人も多いはずです。

社会人の恋愛では、学生時代とは異なるポイントがあるので覚えておきましょう。

この記事では、社会人が彼女を作るときのポイントや出会いの場所について解説します

恋人募集中の社会人男性は、ぜひ参考にしてみてください。

 

恋人を作るために意識するべきポイント

まずは、恋人を作るために意識するべきポイントについて紹介します。

社会人特有のポイントを押さえて、訪れるチャンスに備えておきましょう。

 

余裕のある行動を心がける

魅力的な社会人男性は、仕事とプライベートの両方に余裕があります。

仕事ぶりがイマイチで身なりも適当な男性より、職場の評価も高くオシャレな男性の方が好印象を抱かれやすいのは当然のことです。

常に切迫しているような姿を周囲に見せていては、女性から恋愛対象として意識してもらえません。

余裕のある行動を心がけることで、社会人女性はもちろん多くの女性から好意を持たれやすくなるでしょう。

 

自分に自信を持つ

女性に好かれるためには、自分に自信を持つことが重要になります。

自分に自信がなくいつもオドオドしているような男性は、女性から恋愛対象に見られません。

前向きな発言を心がけ、女性に「頼もしい」と思われるような行動をとりましょう。

 

自己主張をする

他人に合わせるのが得意というのは、長所であると同時に短所でもあります。

ビシッと決めて欲しいときに決断を女性任せにする男性は、魅力的ではありません。

女性の意志を尊重することは大切ですが、自分の決断力を見せる多少の強引さも重要です

適度に自己主張をして、頼もしさをアピールすることを意識してみましょう。

レディーファーストという言葉の意味を、履き違えないように注意してください。

 

身だしなみを整える

恋愛において清潔感の有無は重要です。

清潔感に欠けている男性は、そもそも恋愛対象として意識されづらいため注意しましょう。

また、学生時代以上に対人スキルが求められがちな社会人生活においては、「清潔感がある=周囲に気遣いができて仕事もできる」と判断されるケースも少なくありません。

身だしなみを整えて清潔感を出すことで、洗練されたビジネスマンという印象も与えられるため、恋愛に発展する可能性も高まるはずです。

 

聞き上手になることを意識する

相手の会話に興味を示して、どんどん話を引き出すことができる聞き上手な人は、多くの女性からモテやすいです。

とくに社会人の場合、相手の話を聞いたうえで最適なレスポンスができると、落ち着いた大人の男性としてさらに評価を得られます

社会人における恋愛のモテテクなので、恋人が欲しい人はすぐに取り入れてみてください。

 

彼女が欲しい社会人の出会い方

社会人になると、学生の頃よりも出会いの数が少なくなってしまうことがあります。

「どこで女性に出会えばいいのかわからない」という男性も少なくないはずです。

ここでは、社会人男性が出会いを見つけるおすすめの方法について紹介します。

 

職場

社会人生活において、もっとも身近な出会いの場は職場です。

一緒に仕事をしたり、悩みを相談するうちに自然と惹かれ合うケースも少なくありません。

同僚に素敵な女性がいないか、今一度確認してみてください

ただし、職場にいる女性の全てが彼氏募集中かというと、必ずしもそうではありません。

過度なアプローチによって迷惑をかけたり、仕事に支障をきたしたりしないように注意しましょう。

 

習い事・趣味

習い事や趣味があるのなら、そこで出会いを探すこともおすすめです。

明確な共通点があると、自然と気の合う女性に出会うことができます。

趣味が同じで知り合った同士であれば、お互いの嗜好に合わせたデートも計画しやすいはずです。

 

マッチングアプリ

「恋愛に費やす時間がない」「身近に出会いのきっかけがない」という方におすすめなのがマッチングアプリです。

今や代表的な恋活・婚活のツールとしてお馴染みであるため、登録ユーザーも多く、出会いの母数に関しては一番期待できます

とくに近年は、さまざまな種類の恋活アプリ・婚活アプリがリリースされているため、幅広い属性の人が最適なパートナーを見つけやすくなっています。

効率よく出会いを探したいなら、マッチングアプリの使用を検討しましょう。

 

婚活パーティー

結婚を見据えた出会いを探しているなら、婚活パーティーという手段もあります。

恋愛や結婚に対する本気度が高い女性と実際に会って話ができるため、スピーディーに関係を発展させられるでしょう

さまざまな地域で、多種多様な人に向けた婚活パーティーや街コンが開催されているので、興味がある人はぜひ調べてみてください。

1人が不安なら、友達と一緒に参加するのもいいでしょう。

 

合コン

人脈が多くあるのであれば、合コンを開いて出会いを探すのもおすすめです。

とくに社会人の場合、学生時代の友人がさまざまな進路や会社にいったことで、本来出会えるはずのなかった人と出会える可能性もあります。

知人の紹介ということで、安心して参加しやすい点もメリットでしょう。

 

相席屋

恋愛経験がそんなに多くない人は、自分の力で出会いを探して恋愛関係に発展させる…という一連の流れに苦戦することもあるでしょう。

そんなときは相席屋を利用するのも一つの手です。

相席屋であれば、誰しも簡単に異性と出会うことができます

しかし、無料の飲食目当てで訪れている人たちも一定数存在しているので、本気度の見極めには気を付けなければいけません。

 

ナンパ

コミュ力に自信があってメンタルも強いという人は、ナンパにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

接し方を間違えなければ恋愛に発展する可能性は十分あります。

ただし、ナンパしている姿を会社や取引先の人に見られたり、ナンパした相手が仕事に関係する人だった…というリスクもあるので、十分注意しましょう。

 

SNS

SNSの利用率が高まっている昨今、TwitterやInstagramを使って出会いを探すという手もあります。

SNSは登録者数が多いので、出会いの母数としては、数ある手法の中でも随一だといえるでしょう。

しかし、マッチングアプリと違い、相手にパートナーがいたり、恋愛に興味がなかったりするパターンもあるので、恋愛に発展させるための難易度は比較的高めです。

 

結婚相談所

とにかく早く結婚相手と出会いたい人には、結婚相談所に入会するという選択肢もあります。

仲人やアドバイザーといった第三者のサポートも受けられるため、安定感のある婚活ができるでしょう。

また、結婚相談所の会員は自分と同じく、結婚に対する真剣度が高い人ばかりです

恋活・婚活について遊び半分の人がいないというのも、結婚相談所を選ぶ大きなメリットだといえます。

 

彼女が欲しい社会人の出会い方はまず行動することが大事!

社会人になって環境が変わると、今まで当たり前にあった恋愛できる環境が少なくなってきます。

その変化に対応できず、むしろビジネスライクな生き方に適応していってしまうことで、彼女いない歴がどんどん長くなるケースもあるでしょう。

社会人の恋愛では、なによりも行動を起こすことが最重要です。

自分の生活リズムに負担がかからないようにしながら、出会いの場に繰り出したり恋活サイト・婚活サイトに登録したりして、恋愛できる体制を整えてみてください。

限られた時間と機会を最大限活かして、恋愛を成功させましょう。

2023-05-31 19:33:00

結婚の決め手はなに?

「結婚はしたいけど本当にこの人でいいの?」と迷ってしまうことは珍しくありません。

まずはどんなことが結婚の決め手になりやすいのか、成人男女200人を対象としたアンケート調査から見ていきましょう。

Q.結婚の決め手はなんですか?

A.

  1. 一緒にいて居心地がいい…110人(男性55人・女性55人)
  2. 価値観が似ている…59人(男性28人・女性31人)
  3. なんとなく直感…17人(男性12人・女性5人)
  4. 経済的に安定している…8人(男性4人・女性4人)
  5. 年齢・仕事のタイミングがいい…6人(男性1人・女性5人)

※成人男女200人対象

アンケートの回答でもっとも多かったのは「一緒にいて居心地がいい」というものでした。

結婚相手は生涯を共にする大切なパートナーであり、一緒にいる空気感や居心地というのは何より重要だと考える人が多いからと考えられます。

次いで多かった「価値観が似ている」という回答も、やはり一緒に過ごす相手を決めるには無視できないポイントでしょう。

金銭感覚や食の好み、子供に関する考え方など、価値観が近い相手のほうが結婚生活が上手くいきやすいからです。

また、少数意見ではありますが「年齢・仕事のタイミング」「経済的な安定」が結婚の決め手となった人もいました。

「なんとなく直感」が決め手になった、という人も少なからずおり、場合によっては条件よりも直感が大事ということもあるのかもしれません。

【男女別】結婚の決め手になったエピソード

次に、結婚の決め手になった実際のエピソードを紹介します。

成人男女200人を対象にアンケート調査を行い、それぞれ抜粋したものをまとめました。

「決め手に悩む」そんな人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

結婚の決め手【女性エピソード】

まずは、女性目線による結婚の決め手エピソードは以下の通りです。

  • ガラスの靴を渡されて結婚しようと言われた
  • 価値観や感覚、なにもかもがしっくりきた
  • 当時彼氏だった旦那の一人暮らしのマンションの廊下に、私の不注意で水を4リットルぐらいこぼしてしまいました。それに怒りもせず濡れるからリビングで座っててと私にいい旦那が1人で片付けをしてくれました。この人なら私がどんな姿になっても受け入れてくれると思い結婚を決意しました
  • 祖父が危篤となった時に、新幹線のチケットを取って帰るように言ってくれた時に、この人について行きたいと思いました
  • お金のこと、将来の家族設計のことなど面倒くさがらず自分から積極的にかつ頻繁に話してくれた
  • 一緒にいて安心すること、この人と長く一緒にいたいと思えたこと、趣味が同じで楽しいこと
  • 決め手はないですが一生一緒にいるんだろうなとふとした時に思ったので流れるように両親に挨拶に行きました
  • すり合わせなくても生活ルールがほぼ同じだと同棲してから気づいて結婚を決めました
  • 職場で体調が悪くなった自分の為に、寝起きでもすぐに迎えに来てくれる。何よりも自分のことを心の底から大事にしてくれているんだなと思った
  • 付き合って3年経ったから
  • 同棲してから、価値観の違いなど、認識をすり合わせる(話し合える)時間を大切にできる人だと知ったこと
  • 年齢の割に大人びて、しっかりしてた。逃すと次はないかなと思った
  • 同棲をしても、一人の時間を大切にしていた。家事を率先して手伝ってくれた
  • とても相性が良く、気を使わなくて楽だったから
  • 昔付き合ってきた彼を忘れられず、その人以上の人がなかなか見つかりませんでした。一年前に10年ぶりに再会をし、運命だと思ったので決めました

同棲していたり、急を要したりしたときに、見せるふとした瞬間の態度に結婚を決める女性が多いようですね。

彼女に結婚を意識してもらいたいなら、日頃から結婚生活後を思い描けるような行動をとるのがいいのかもしれません。

結婚の決め手【男性エピソード】

男性目線の結婚の決め手エピソードもみていきましょう。

  • 相手が30代になり、通常デートしていて、将来この先一緒にいることを強く感じた。
  • 私が死ぬまで近くにいてと言われた。
  • 同棲をしていたので、彼女の親から結婚するよう毎回のように催促されていたから。
  • 子供が出来て、成り行きに任せて結婚した。
  • 100対100の街コンで顔合わせのときにドンピシャでタイプだったので猛烈にプッシュして、2回目のデートで結婚を前提にお付き合いしてほしいと伝えた。
  • 相手が早く子供がほしいから、結婚しないと別れると言われたから。
  • 13歳差はあったが、話も価値観も合うから結婚した。
  • なんでもない話をする中で同じタイミングで面白みを感じることで価値観が一致しました。それが連続したことが決定打となりました。
  • お互いバツイチだったのと、性格の一致感があった為。
  • どうしても彼女の事が好きだったので結婚いたしました。
  • デートするだけでなく、仕事のことを相談するなど人間として学ぶことがありました。
  • 結婚しないなら別れると言われたから。
  • 仕事が落ち着いたタイミングで結婚した。
  • 別れてから他の女性とも付き合ったが元カノが一番居心地よくて結婚前提に復縁した。
  • 結婚してからも自由でいていいと言われたから。

男性の結婚の決め手には、女性意見や女性の年齢を考慮したものが目立ちます。

「結婚」のタイミングを握っているのは、女性のほうにあると考えられますね。

 

結婚の決め手がわからないときのチェックポイント

ここでは、結婚の決め手がわからないときのチェックポイントを紹介していきます。

相性や価値観、年齢も問題ないけれど、結婚に踏み切っていいものか躊躇しているという人はぜひ参考にしてみてください。

 

いいところ・悪いところの価値観が合う

人によって倫理観やOK・NGのラインというのは結構違うものです。

この人と結婚していいのかどうか迷ったときは、いいところ・悪いところの価値観が合うかどうかをチェックしてみてください。

例えば、自分は毎日掃除したいけど相手は数日放置しておいても平気、といった隔たりがあると一緒にいることでストレスが溜まってしまうでしょう。

お金の使い方や人間関係、物事に対するいいところ・悪いところの価値観が近い相手のほうが、結婚相手として相応しいのです。

 

ライフプランが同じ方向を向いている

ライフプランが同じ方向を向いている相手なら、結婚生活が上手くいきやすいです。

子供の有無、家は賃貸か持ち家か、仕事の続け方など、ライフプランに違いのない相手であれば、結婚後もトラブルなく過ごすことができます

一方、ライフプランが異なる相手だと話し合いでも解消しない可能性が高く、結婚の破綻につながりかねないため注意が必要です。

 

家族との付き合い方・大切にしてる度合い

結婚するかどうかの決め手としては、家族との付き合い方も重要です。

密に親族付き合いする家庭もあれば、ベタベタせずクールな付き合いが当たり前という家庭もあるでしょう

そうした部分が大きく乖離していると、結婚後、お互いにストレスになってしまいます。

結婚前には、家族・親族とのお付き合いの仕方や大切にしている度合いを確認することが大事です。

 

休日・自宅・趣味などの過ごし方

結婚生活には、休日・自宅・趣味などの過ごし方にストレスがないかどうかが重要です。

休日は家族を優先したいのか、それぞれ干渉せず過ごしたいのか、あるいは趣味を思いっきり楽しみたいのかなど、人によってそのあたりの価値観や生活スタイルはかなり違うものです。

お互いの休日の過ごし方や趣味との向き合い方に理解がないと、結婚生活を続けていくのは難しくなるでしょう。

2人の価値観が近いか、あるいは理解し合えるかを事前に話し合っておくことをおすすめします。

異性との付き合い方、距離感

結婚するなら、異性との付き合い方や距離感も重要なポイントです。

親しい異性の友達がいても気にならないという人もいれば、距離感の近い異性の存在が絶対に許せないという人もいるでしょう。

異性に対する価値観が違いすぎると、結婚後に浮気かどうかで揉める可能性が高くなってしまいます。

平穏な結婚生活を望むなら、異性との付き合い方や距離感が同じくらいの相手を選ぶのがベターです。

 

仕事・家事への考え方

結婚するかどうかに迷ったら、相手の仕事・家事への考え方もチェックしておきましょう。

お互い共働きを望むのか家庭に入ってほしいのか、家事は分担するのかどうかなど、仕事・家事へのスタンスは人それぞれです。

しかし、一方は分担を望むのにもう一方は相手に任せっきりでは、結婚生活が苦痛になってしまいます

お互いどのような仕事の仕方、家事の負担を望むのかは事前にチェックしておいたほうが良いでしょう。

 

喧嘩や怒ったときの対応の仕方

長い結婚生活の中では、喧嘩や意見の食い違いを避けることはできません

喧嘩してしまったことを考えて、その後の対応の仕方というのは非常に重要です。

いつまでも怒っているような相手、喧嘩すると手を出してくるような相手では結婚生活を続けていくのは難しいです。

逆に自分から上手に折れてくれるような人や冷静に対処してくれるような相手であれば、結婚を決めても後悔はないでしょう。

 

結婚はお互いのタイミングを大切に進めよう!

交際期間が長いカップルでも、なかなか結婚に踏み切れないというのはよくあることです。

婚活アプリや結婚相談所で出会った相手であればなおさらかもしれません。

もし結婚の決め手に迷っているなら、あらためてお互いの価値観やライフプランなどを確認し合うと良いでしょう。

一緒にいて安心感のある相手なら、結婚後もストレスなく楽しく暮らせるはずです。

さらには相性だけでなく、仕事や収入が安定した時期を選ぶことも大切です。

ぜひ、お互いのタイミングがベストなときを選んで、結婚時期を決めることをおすすめします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...